読み込み中 . . .
中止

スズメダイ

Chromis notatus (Temminck and Schlegel, 1843)

特徴 体色は深緑色、茶褐色、かなり黒い個体もいる。胸鰭基底に黒斑があり、背鰭の最終軟条基部のあたりに白色斑がある。成魚と幼魚では色彩があまり変わらない。体長は10cmを超える。
分布 青森県~九州までの各地沿岸、伊豆諸島、小笠原諸島、沖縄島。~朝鮮半島、済州島、台湾、中国沿岸
生息環境 浅海の岩礁域やサンゴ礁域に群れていることが多い。温帯に多い種類で日本海側にも生息し越冬している。逆に、沖縄や小笠原諸島では少ない。
その他 食用種で九州北部などではよく食されている。塩焼などにして美味である。観賞魚でもある。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません