読み込み中 . . .
中止

ゴマサバ

Scomber australasicus Cuvier, 1831

形態・特徴 マサバとよく似ているが、体側下部に小さな黒色斑が散在していることが特徴的。これが名前の由来ともなっているが、不明瞭なこともあるので注意が必要である。また、尾鰭はマサバよりも黒ずみ、第1背鰭棘が11~12本(マサバは9~10本)であることなども見分けるポイントとなる。
分布 北海道南部以南。~西南部・東部太平洋。
生息環境 マサバよりも暖かい海域を好み、沿岸域の主に表層を群泳する。
食性 動物プランクトンや小型魚類、甲殻類、軟体動物などを捕食する動物食性。
その他 水産上重要種で、マサバと共に様々な調理方法で賞味される。とりわけ、マサバの味が一年の中で最も落ちるとされる夏季が旬といわれ、需要が高まるようである。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 神奈川県 相模湾>江ノ島沖

2008.04.05

日本 千葉県 浜田港

2015.03.08

日本 千葉県 富浦沖

2003.06.14

日本 宮崎県 内海沖

2016.04.21

日本 和歌山県 小浦一文字

2009.06.28

日本 東京都 小笠原村

2015.08.26

日本 愛知県 田原市伊良湖港

2014.05.23

日本 沖縄県 糸満沖

2016.08.05

日本 徳島県 四国・牟岐沖 ラングイ

2009.02.09

日本 和歌山県 御坊市 沖合

2013.06.17

日本 神奈川県 横須賀(東京湾側)

2013.07.28

日本 愛知県 豊浜漁港

2010.07.03

日本 静岡県 金洲

2017.04.17

日本 鹿児島県 南さつま市坊津町

2013.08.21

日本 和歌山県 田辺市 跡ノ浦

2014.06.03

日本 千葉県 和田港

2007.10.07

日本 千葉県 東京湾

2014.12.31

日本 愛知県 武豊町武豊緑地

2012.05.27

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する