科の概要 胸鰭の下部3軟条は遊離する。胸鰭の内面には美しい模様を持つものが多い。背鰭は2基。
世界で9属124種余りが知られ、うち日本からは3属20種が知られている。底曳網や釣りなどで漁獲され、食用になる。大型のホウボウは刺身や焼き物などで好まれる。小型のものは練製品原料。美しい色彩で観賞魚としても人気がある。

履歴

履歴はありません