読み込み中 . . .
中止

スギ

Rachycentron canadum

形態・特徴 スギ科は本種のみからなり、コバンザメ科と近いものとされている。頭部には吸盤をもたず、第1背鰭棘は鰭膜でつながらない。成魚の尾鰭は湾入しているが、幼魚では丸い。幼魚期は体側に黒色縦帯があり、コバンザメにもにているが、成魚では縦帯は薄くなる。体長1.5mを超える大型種。
分布 日本各地。~朝鮮半島、台湾、インド・西太平洋、大西洋。
生息環境 サンゴ礁域、岩礁域、砂底に生息する。九州西岸の東シナ海では水深55-130mから漁獲される。暖海域に多いが、北海道でも漁獲されることがある。コバンザメどうよう大型魚に付随して泳ぐ習性がある。
食性 甲殻類のほか、小魚やイカの仲間も捕食している。
その他 日本では定置網などで漁獲されている。沖縄や台湾、東南アジアの熱帯域では養殖もされ、美味であるという。
従来回転寿司店のメニューで「かんぱち」とされていたものには本種が含まれていたことがあった。「クロカンパチ」または「トロカンパチ」の名でも流通していたことがある。現在は水産庁の「魚介類の名称のガイドライン」において、「クロカンパチ」「トロカンパチ」の名称を使用しないよう呼びかけている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません