読み込み中 . . .
中止

ネンブツダイ

Ostorhinchus semilineatus (Temminck and Schlegel, 1843)

形態・特徴 体色は赤みを帯び、腹部は黄色っぽい。頭部と体側上方に黒色細縦帯がある。一本は眼を通り、鰓蓋後縁に達する。クロホシイシモチは本種によく似るが、体側上方の黒色細縦帯を欠き、黒色円斑があることにより区別できる。またネンブツダイと似ているものに、ムナホシイシモチ、フタスジイシモチ、ニセフタスジイシモチがいるが、これらの種は眼を通る黒色縦帯が体側後方にまで達することで区別できる。第1背鰭の先端は黒く、尾柄部に黒色斑がある。体長10cm近くになる。
分布 青森県~九州までの太平洋岸、山形県~九州までの日本海岸、瀬戸内海、慶良間諸島、東シナ海。~台湾、朝鮮半島、中国、南沙諸島、西太平洋
生息環境 主として温帯域の岩礁域に生息する。沿岸の浅所から、水深70mほどの海底にまで見られる。漁礁などにもついている。群れで行動することが多い。
食性 肉食性でプランクトンや、小魚、小型甲殻類、エビ類などを捕食する。
その他 産卵期は夏(6-8月)で、雄(雌の保育の報告もある)が口の中で卵を保育することがよく知られている。保育中は、餌をとらないとも言われている。雌は積極的に求愛する。繁殖期には縄張りを作り、雌は他の個体を追い払う。繁殖後は群れに戻るという。
釣りではやや水深のある防波堤や、磯、船釣りの外道として一般的なもので、本州中部~九州ではおなじみの魚である。基本的には釣れても利用されることは少ないが、肉は白身で、揚げものなどにして美味である。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません