読み込み中 . . .
loading
中止

アメマス

Salvelinus leucomaenis leucomaenis (Pallas, 1814)

形態・特徴 エゾイワナとアメマスは同種である。エゾイワナは陸封型の標準和名となり、アメマスは降海型の標準和名となる。このようにサケ科魚類には例外的に標準和名を2つもつ種(もしくは亜種)がいる。
体側に赤や黄色の斑点がなく、体側の暗めの地に白い円形の縁取り斑は散在する。背鰭に虫食い状の斑紋がないことなどが特徴。
分布 山形県・千葉県以北の本州、北海道。千島列島~カムチャツカ、朝鮮、沿海州、サハリン。水温20℃以下の河川の冷水域にすむ。
生息環境 産卵期は9~11月とされる。孵化後1年半ほどは河川で過ごした後、降海するか川に残るか分かれる。一般に体サイズの小さな個体が降海する傾向があり、降海個体の比率は雌に偏る。オショロコマよりも下流、サクラマス・ヤマメよりも上流と棲み分けをしていることが知られている。
食性 小型魚類や甲殻類、昆虫などを食べる動物食性。
その他 降海型は大型になるため遊漁で人気が高く、冬から春にかけてが釣りのシーズンとなる。海で釣れるものを特に「海アメ」と呼ぶこともある。
砂防・治山ダムが建設されることで、ダムより上流部では降海個体が減少しているという報告がある(降海することはできても戻って産卵することができないため)。大型な降海個体が残留個体に比べて多くの子孫を残すため、こうした要因によって個体数が減少している河川もあるという。またダム上流部では限られた個体同士が交配するため、普段は現れないような生存に不利な形質が現れる「近交弱勢」が生じるともされる。釣り人が守っていきたい魚である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 北海道 苫小牧市東港

2012.01.19

日本 北海道 釧路 チャンベツ川

2013.09.27

日本 北海道 瀬棚港

2014.12.29

日本 北海道 根室市別当賀川

2009.04.29

日本 北海道 阿寒湖

2014.12.29

日本 岩手県 県北海岸

2005.03.19

日本 宮城県 鳴瀬川

2008.05.12

日本 北海道 根室市別当賀川

2009.04.29

日本 北海道 苫小牧東港

2015.03.01

日本 北海道 根室市別当賀川

2009.04.29

日本 北海道 根室市別当賀川

2009.04.29

日本 北海道 苫小牧東港

2015.03.01

日本 北海道 根室市別当賀川

2009.04.29

日本 北海道 根室市別当賀川

2009.04.29

日本 北海道 道南の河川

2004.08.23

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する