読み込み中 . . .
中止

ウミタナゴ

Ditrema temmincki temmincki Bleeker, 1853

形態・特徴 背鰭棘は9~11本で、腹鰭の鰭膜は全体もしくは第1棘と第2棘の間が黒味がかる。臀鰭の基底は黒くない。体色は銀白色でやや赤味を帯び、眼から上顎後端にかけて黒色帯が1~2本見られる。本種と亜種関係にあるよく似たマタナゴとは、前鰓蓋骨に見られる2個の褐色斑が大きく目立つことや、胸鰭・腹鰭・尾鰭が短く、それぞれ標準体長の24.9%・15.5%・27.9%ほどであることなどで区別できるが、分布域はほとんど重ならないので産地も同定の際の良い判断材料となる。
分布 北海道中部以南~山口県にかけての日本海沿岸、東北地方の太平洋岸、愛媛県。~朝鮮半島南部、黄海。
生息環境 沿岸域の砂底や岩礁域に生息する。
食性 甲殻類、多毛類などを捕食する動物食性。
その他 ウミタナゴ科魚類は胎生魚として有名で、交尾をし、4~7月に卵ではなく稚魚を数十個体産む。本種はよく似たアオタナゴと混同されて扱われることが多い。身近な海で多く漁獲されるウミタナゴ科魚類は食用としても需要があり、市場流通もしている。肉質は水っぽく、煮つけや汁物にするのが一般的。山陰地方では逆子を産むことから、妊婦には食べさせないという風習があったり、逆に東北地方では多くの稚魚を産むので妊婦に積極的に食べさせる風習が存在するほど身近な存在であるが、近年はどちらも廃れつつあるようだ。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

92鵜さんが日本 富山県 入善海岸で撮ったウミタナゴ

日本 富山県 入善海岸

2016.03.19

IHさんが日本 愛媛県 伊方町 与侈の港で撮ったウミタナゴ

日本 愛媛県 伊方町 与侈の港

2015.04.21

sprmitot1228さんが日本 島根県 浜田市三隅町 権現で撮ったウミタナゴ

日本 島根県 浜田市三隅町 権現

2010.02.14

masahirokamezakiさんが日本 新潟県 新潟市日和浜第二従堤で撮ったウミタナゴ

日本 新潟県 新潟市日和浜第二従堤

2020.01.09

DCさんが日本 北海道 道南の漁港で撮ったウミタナゴ

日本 北海道 道南の漁港

2003.07.03

くろつらさんが日本 熊本県 上天草市大矢野町で撮ったウミタナゴ

日本 熊本県 上天草市大矢野町

2014.10.12

DCさんが日本 北海道 道南の漁港で撮ったウミタナゴ

日本 北海道 道南の漁港

2004.07.04

ponさんが日本 茨城県 鹿島港で撮ったウミタナゴ

日本 茨城県 鹿島港

2004.11.20

Ryota  Hasegawaさんが日本 北海道 小樽市 南防波堤で撮ったウミタナゴ

日本 北海道 小樽市 南防波堤

2016.09.22

がほー部長さんが日本 熊本県 天草(清流荘近辺)で撮ったウミタナゴ

日本 熊本県 天草(清流荘近辺)

2011.11.12

もぶらさんが日本 北海道 函館市 フェリーターミナルで撮ったウミタナゴ

日本 北海道 函館市 フェリーターミナル

2018.08.10

小物狙いさんが日本 福岡県 北九州市で撮ったウミタナゴ

日本 福岡県 北九州市

2019.11.03

だいき丸さんが日本 長崎県 長崎市 樺島港で撮ったウミタナゴ

日本 長崎県 長崎市 樺島港

2017.02.02

だいき丸さんが日本 長崎県 長崎市 新長崎漁港で撮ったウミタナゴ

日本 長崎県 長崎市 新長崎漁港

2017.12.06

きくやの常連さんが日本 島根県 八束郡島根町瀬崎漁港で撮ったウミタナゴ

日本 島根県 八束郡島根町瀬崎漁港

2003.09.05

だいき丸さんが日本 長崎県 長崎市 新長崎漁港で撮ったウミタナゴ

日本 長崎県 長崎市 新長崎漁港

2017.12.06

DCさんが日本 北海道 道南の漁港で撮ったウミタナゴ

日本 北海道 道南の漁港

2003.07.18

ヒサビッチャ☆さんが日本 愛媛県 佐田岬 高鼻で撮ったウミタナゴ

日本 愛媛県 佐田岬 高鼻

2014.09.01

だいき丸さんが日本 長崎県 長崎市 新長崎漁港で撮ったウミタナゴ

日本 長崎県 長崎市 新長崎漁港

2017.12.06

MARI-Jさんが日本 熊本県 上天草市 大矢野で撮ったウミタナゴ

日本 熊本県 上天草市 大矢野

2011.11.12

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する