読み込み中 . . .
中止

ナガヅカ

Stichaeus grigorjewi Herzenstein, 1890

分布 島根県・千葉県以北~北海道の全沿岸。~黄海、朝鮮半島、千島列島。
特徴 体は細長く、口は大きく、眼は小さい。口の後端は眼の後縁をはるかに超える。体の背部に小さな黒色斑が多数ある。臀鰭は1棘と、42~45本の軟条からなる。大きいものでは全長70cmを超えることもある大型種である。
生息環境 普段は水深100~300mの深海にすむが、産卵期には浅瀬にも姿を現す。
その他 産卵期は冬から春。

底曳網などで漁獲されるが、卵巣は有毒で、吐き気や頭痛を引き起こすことがあるとされ、通常取り除き販売される。肉は美味、練製品の原料となるが、刺身や揚げ物などにも向く。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません