読み込み中 . . .
中止

キンメダイ

Beryx splendens Lowe, 1834

形態・特徴 体色は鮮やかな赤色。体高はやや低く、体長は体高の2.5倍以上。フウセンキンメに似ているが、後鼻孔は細長いスリット状になること、体背部の鱗の後縁の鋸歯状突起がないことで区別できる。稚魚期は背鰭の第5条と腹鰭が特に長く伸びる。
分布 釧路沖以南。~インド・太平洋域。大西洋、地中海。未成魚は大陸棚の水深100~250mに、成魚は沖合の水深200~800mに多い。
生息環境 未成魚は大陸棚の水深100~250mでも見られるが成魚では沖合の岩礁域、海山周辺などの200~800mで見られ、大きな群れを形成する。
食性 肉食で中層遊泳性のハダカイワシ類などの魚類やイカ、エビ、アミ類などを捕食する。
その他 産卵期は6~9月と推定され、海域により多少の差がある。卵は分離浮性。美味で肉はやわらかいが塩焼き、フライなどに向き、刺身も美味。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません