読み込み中 . . .
中止

カスミサクラダイ

Plectranthias japonicus (Steindachner, 1884)

形態・特徴 サクラダイの名があるが、イズハナダイ属に含まれる。体色は赤みを帯び、背鰭には深い欠刻がある。体側には赤色帯がない。主上顎骨に鱗がある、体側に赤色斑があり、背鰭軟条部や棘条部の縁辺、尾鰭などは黄色みを帯びるなども特徴である。体長20cmほどになる。
分布 南日本。~西部太平洋。やや深い砂礫底に多い。
生息環境 やや深海性。
食性 小魚や甲殻類などを主に捕食する。
その他 沖合底曳網や深海釣りなどで漁獲される。沖合底曳網ではよく漁獲されているもので、練製品や総菜用など、食用となる。肉は白身で美味。本種も色彩が美しいので観賞魚として流通されることがある。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません