読み込み中 . . .
中止

カンパチ

Seriola dumerili (Risso, 1810)

特徴 全長1.5m。ブリ属で最大。幼魚のうちは若干体高が高く、眼を通る暗色の斜帯がある。これを上からみると「八」の字にみえることから間八(カンパチ)と呼ばれるようになった。ヒレナガカンパチに似るが、第2背鰭は鎌状ではなく、尾鰭の下葉の先端が白くなることから区別できる。
分布 北海道以南の各地沿岸、琉球列島。~全世界の温帯から熱帯の海域。ただし東太平洋には分布しないようである。
食性 肉食性で、甲殻類や魚類を食べる。
地方名 若魚:
ショゴ(岩手県、関東地方、三宅島)、ショッパチ(伊豆大島)、ショガンパ(伊豆諸島新島)、ヒラバタケ(富山県)、シオ(三重県、大阪府、和歌山県、神戸市)、ハチゴ(三重県志摩市)、アカバナ(島根県益田市、山口県下関市)、ネイリ(高知県、愛媛県)、ネリゴ(島根県益田市、山口県下関市、東九州、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県)、モジャコ(熊本県水俣市)、ニリ(宮崎県)
成魚:
カンパチ(長野県松本市、富山県、三重県、大阪府、和歌山市、神戸市、島根県益田市、山口県下関市、高知県、愛媛県、熊本県水俣市、鹿児島県)、カンパ(伊豆諸島新島)、ダイリキ(京都府)、ネイリ(高知県)、ネリ(島根県益田市、山口県下関市)アカバナ(長崎県)、アカバ(熊本県天草)、ウキムルー・ウチムルー(沖縄県)
大型:
アカブリ(伊豆諸島新島)、ソジ(高知県土佐清水市)、ソウジ(宮崎県)、アカバラ(鹿児島県屋久島・喜界島)

※体色がうっすら琥珀色を湛えているさまから「アカ」を接頭する呼び名が点在する。台湾では「紅甘」、英名でも「Amberjack」「Amber」と呼ぶところも共通の感覚か。
その他 眼を通る暗色斜帯は成長に伴って消失する。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

山出潤一郎 さんが 説明文の 特徴 を編集しました 全長1.5m。ブリ属で最大。幼魚のうちは若干体高が高く、眼を通る暗色の斜帯がある。これを上からみると「八」の字にみえることから間八(カンパチ)と呼ばれるようになった。ヒレナガカンパチに似るが、第2背鰭は鎌状ではなく、尾鰭の下葉の先端が白くなることから区別できる。
2021.11.02 09:59
山出潤一郎 さんが 説明文の 分布 を編集しました 北海道以南の各地沿岸、琉球列島。~全世界の温帯から熱帯の海域。ただし東太平洋には分布しないようである。
2021.11.02 09:59
山出潤一郎 さんが 説明文の 食性 を編集しました 肉食性で、甲殻類や魚類を食べる。
2021.11.02 09:59
山出潤一郎 さんが 説明文の 地方名 を編集しました 若魚:
ショゴ(岩手県、関東地方、三宅島)、ショッパチ(伊豆大島)、ショガンパ(伊豆諸島新島)、ヒラバタケ(富山県)、シオ(三重県、大阪府、和歌山県、神戸市)、ハチゴ(三重県志摩市)、アカバナ(島根県益田市、山口県下関市)、ネイリ(高知県、愛媛県)、ネリゴ(島根県益田市、山口県下関市、東九州、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県)、モジャコ(熊本県水俣市)、ニリ(宮崎県)
成魚:
カンパチ(長野県松本市、富山県、三重県、大阪府、和歌山市、神戸市、島根県益田市、山口県下関市、高知県、愛媛県、熊本県水俣市、鹿児島県)、カンパ(伊豆諸島新島)、ダイリキ(京都府)、ネイリ(高知県)、ネリ(島根県益田市、山口県下関市)アカバナ(長崎県)、アカバ(熊本県天草)、ウキムルー・ウチムルー(沖縄県)
大型:
アカブリ(伊豆諸島新島)、ソジ(高知県土佐清水市)、ソウジ(宮崎県)、アカバラ(鹿児島県屋久島・喜界島)

※体色がうっすら琥珀色を湛えているさまから「アカ」を接頭する呼び名が点在する。台湾では「紅甘」、英名でも「Amberjack」「Amber」と呼ぶところも共通の感覚か。
2021.11.02 09:59
山出潤一郎 さんが 説明文の その他 を編集しました 眼を通る暗色斜帯は成長に伴って消失する。
2021.11.02 09:59