読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

カゼトゲタナゴ

Rhodeus smithii smithii (Regan, 1908)

特徴 全長5cm。側線は不完全で口ひげは無い。未成魚は背鰭に黒斑がみられるが、雄は成魚になると消失する。産卵期の雄の腹部の黒色域は広く、とても美しい。スイゲンゼニタナゴに似るが体側中央の青色縦条の幅が若干異なる。
分布 熊本県球磨川以北の九州北部と長崎県壱岐。河川下流の緩流域や、それに続く用水や湧水にすむ。
生息環境 平野部の小川や、灌漑用水路などに生息する。
食性 カゲロウやユスリカなど水生昆虫を主に食べる。
その他 熊本県八代市の流藻川(りゅうそうがわ)を南限とし、九州北部にのみ生息するが、スイゲンゼニタナゴは山陽地方に分布する。分布域から亜種ではなく別種という意見もある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

MS さんが 学名を Rhodeus smithii smithii (Regan, 1908) に変更しました 学名変更
2013.06.19 16:32