読み込み中 . . .
中止

カゼトゲタナゴ

Rhodeus smithii smithii (Regan, 1908)

特徴 全長5cm。側線は不完全で口ひげは無い。未成魚は背鰭に黒斑がみられるが、雄は成魚になると消失する。産卵期の雄の腹部の黒色域は広く、とても美しい。スイゲンゼニタナゴに似るが体側中央の青色縦条の幅が若干異なる。
分布 熊本県球磨川以北の九州北部と長崎県壱岐。河川下流の緩流域や、それに続く用水や湧水にすむ。
生息環境 平野部の小川や、灌漑用水路などに生息する。
食性 カゲロウやユスリカなど水生昆虫を主に食べる。
その他 熊本県八代市の流藻川(りゅうそうがわ)を南限とし、九州北部にのみ生息するが、スイゲンゼニタナゴは山陽地方に分布する。分布域から亜種ではなく別種という意見もある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

カゼトゲタナゴ

日本 福岡県 那珂川水系

2007.05.12

カゼトゲタナゴ

日本 熊本県 緑川支流

2001.03.14

カゼトゲタナゴ

日本 佐賀県 小城市

2009.05.11

カゼトゲタナゴ

日本 福岡県 那珂川水系

2007.05.12

カゼトゲタナゴ

日本 福岡県 矢部川水系

2009.08.25

カゼトゲタナゴ

日本 福岡県 矢部川

2009.08.17

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する