読み込み中 . . .
中止

バラフエダイ

Lutjanus bohar (Forsskål, 1775)

形態・特徴 体色は暗い赤色で、頭部に細長い溝があり、鼻孔はその中に開口する。成魚の体側には目立つ横帯や縦帯などはない。幼魚には体側背部に2つの目立つ白色斑があり、尾鰭の上・下葉に暗色線があり、スズメダイの仲間に似る。大型種で成魚は体長1mを超える。
分布 静岡県、和歌山県、高知県、鹿児島県(幼魚が多い)、長崎県、屋久島、琉球列島、南大東島、尖閣諸島、小笠原諸島、沖ノ鳥島。~インド-太平洋。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁域に生息する普通種。
食性 肉食性で魚類や無脊椎動物を捕食する。
その他 釣り魚で熱帯域の岩礁、サンゴ礁域ではよく釣れる。大型になるが、シガテラ毒魚としても有名で、アカドクタルミ、幼魚はフタツボシドクギョとも呼ばれている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません