読み込み中 . . .
中止

ヒメフエダイ

Lutjanus gibbus (Forsskål, 1775)

形態・特徴 成魚はほかのフエダイと比べ体高がある。体側下半部の鱗はほぼななめ後方に向かう。尾鰭の上・下葉の先端は丸みを帯びている。体色は赤みを帯びる。幼魚は青みを帯びた色彩で尾柄部から尾鰭に暗色域が出る。成魚は体長50cmに達する。
分布 相模湾、鹿児島県以南、小笠原。~インド洋、中部太平洋。岩礁域にすむ。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁にすみ、幼魚は内湾にも入り、汽水域でもごくたまに見られる。
食性 主に魚類や甲殻類、ほか無脊椎動物を捕食する。
その他 食用魚で、肉は白身で美味である。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません