読み込み中 . . .
中止

アミフエフキ

Lethrinus semicinctus Valenciennes, 1830

分布 和歌山県串本、沖縄県、小笠原諸島。~インド・西太平洋。
特徴 体高はやや低く、胸鰭基部内側に鱗はない、背鰭棘条中央下における側線上方鱗数は5。ホオアカクチビに似ているが主鰓蓋骨後縁部に赤色域がなく、ヨコシマフエフキとは、腹鰭が暗色でないこと、胸鰭基底上端は白くないことで区別できる。
よく似たものに、ミンサーフエフキがいるが、ミンサーフエフキとは体側の後部に縦長の暗色斑があること、胸鰭基底付近に小暗色斑があることなどで区別できるが、これらが不明瞭な場合があり、その場合は上顎と吻部背縁の角度で見分けるしかない。アミフエフキでは57~59度、ミンサーフエフキでは61~64度である。体長30cmほどになる。
生息環境 岩礁域やサンゴ礁域にすむ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません