カンモンハタ

Epinephelus merra Bloch, 1793

形態・特徴 体側および各鰭には茶褐色の小斑があり、これらのいくつかは連続することがある。体側の背部には黒色斑がなく、5つほどあるイシガキハタや、ひとつあるスミツキハタなどと区別できる。体長25cmまでと、ハタ科としては小型種。
分布 八丈島、相模湾以南の太平洋岸、琉球列島、小笠原諸島。インド-太平洋。日本では琉球列島以南に多い。
生息環境 サンゴ礁域のごく浅海にすむ普通種。礁湖(イノー)などにもよく見られる。また本州から九州の太平洋側でも、幼魚が潮だまりにいる様子が見られたりする。
食性 肉食性でサンゴ礁域にすむ小魚や甲殻類などを捕食する。
その他 小型種であるが、沖縄ではイシミーバイとも呼ばれ他のハタ類同様に食用にされている。また釣りやすいのでルアー釣りの対象魚でもある。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません