クロスジヒメジ

Parupeneus macronemus (Lacepède, 1801)

外国産 外国産

分布 インド洋・西太平洋、紅海、ペルシャ湾。サンゴ礁にすむ。
特徴 本種は第2背鰭と臀鰭の最後の軟条が長く伸びることが大きな特徴。体側には眼の後方から第2背鰭の後部付近にまで達する縦帯と、尾柄の中央に黒色斑がある。全長40cmになる
生息環境 水深48mまでのサンゴ礁域や岩礁に生息。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません