コウライヨロイメバル

Sebastes longispinis (Matsubara, 1934)

分布 和歌山県~下関。朝鮮半島南部。沿岸の岩礁にすむ。
特徴 ヨロイメバルに酷似するが、尾鰭の前半部に幅広い白色横帯があること、背鰭はふつう13棘であること、側線有孔鱗数23~28であることなどにより区別できる。
生息環境 岩礁域や砂底に生息する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません