読み込み中 . . .
中止

ツマリテングハギ

Naso brevirostris (Valenciennes, 1835)

形態・特徴 尾柄部の骨質板数は2。頭頂部には角状突起を有する。ヒメテングハギやテングハギに似ているが、尾鰭後半部に淡色の横帯を有する。体側に横帯を出すことがある。体長60cmを超える大型種。
分布 青森県深浦以南の日本海、千葉県以南の太平洋岸、伊豆諸島、琉球列島、小笠原諸島。~インド-太平洋。紅海、ハワイ諸島や、ガラパゴス諸島などにも分布。
生息環境 珊瑚礁域や岩礁域に生息する。幼魚は黒潮にのり南日本の太平洋岸にも見られる。
食性 雑食性で藻類や動物プランクトンを食べる。
その他 食用種。沖縄では追い込み網などで漁獲され、市場にもでる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません