タイセイヨウアカウオ

Sebastes marinus (Linnaeus, 1758)

外国産 外国産

分布 大西洋北部。北米東岸~グランドバンクス、セントローレンス湾、アイスランド、ノルウェー、スピッツベルゲン諸島、バレンツ海、北海、グリーンランド南部。水深100-1200mにすむ。
特徴 体は赤色で、体側に不規則な暗色帯がある。鰓蓋に大きな暗色斑がある。近縁種にオキアカウオがあるが、この種とくらべると縫合部隆起の発達程度が低いことで区別できる。全長1mに達するが、普通はもっと小さい。
生息環境 水深1000m以浅に生息するが、400m以浅に多く生息する。大形のタイセイヨウアカウオは水深600m以深に生息する。
食性 動物食性
その他 主に底曳網漁業によって漁獲される。食用魚で肉はかなり美味。日本にも輸入される。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。