外国産 外国産

形態・特徴 尾柄部の骨質板数は2で、それらは橙色である。頭頂部に角状突起はない。ミヤコテングハギのインド洋版ともいえる種で、そっくりであるが、背鰭が黄色いのが特徴。体長40cmに達する。
分布 南アフリカのダーバンからインドネシアに至るインド洋と紅海。ペルシャ湾、オマーン湾など、産しない地域もある
生息環境 サンゴ礁域や岩礁域にすむ普通種。
食性 藻類を主に捕食する。
その他 食用魚。観賞魚としても知られ、日本にも輸入されている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。