読み込み中 . . .
中止

ヤマユリトラギス

Parapercis kentingensis Ho, Chang and Shao, 2012

分布 紀伊半島以南。台湾。大陸棚砂泥域にすむ。
特徴 体側には8本の横帯がある、頭部の眼下部に赤色横帯がある、側線有孔鱗数は51~55であるなどの特徴でほかの日本産トラギス属と区別することができる。
生息環境 やや深い海底に生息する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

孤高な漁師さんが日本 鹿児島県 奄美大島 サンドンで撮ったヤマユリトラギス

日本 鹿児島県 奄美大島 サンドン

2005.04.14

孤高な漁師さんが日本 鹿児島県 奄美大島 サンドンで撮ったヤマユリトラギス

日本 鹿児島県 奄美大島 サンドン

2005.04.14

忠さんが日本 鹿児島県 宇検村沖で撮ったヤマユリトラギス

日本 鹿児島県 宇検村沖

2003.03.16

忠さんが日本 鹿児島県 宇検村沖で撮ったヤマユリトラギス

日本 鹿児島県 宇検村沖

2003.03.16

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する