読み込み中 . . .
中止

アカイサキ

Caprodon schlegelii (Günther, 1859)

形態・特徴 背鰭棘数は10棘、19-21軟条で、胸鰭が長い。尾鰭は湾入しない。雄の体側には黄色斑が多数ある。また眼の周辺に黄色線がある。雌は赤みを帯びる。雄の背鰭棘部には黒色斑が1つある。雌には数個の黒色斑が背鰭から体側の背部にかけてある。鰓耙数は6-9+23であることで、オーストラリアやニュージーランドにすむオナガアカイサキと区別できる。
分布 伊豆諸島、相模湾以南の太平洋岸、日本海、東シナ海沿岸、琉球列島、小笠原諸島。~朝鮮半島、台湾、オーストラリア、ハワイ諸島、チリ。
生息環境 東シナ海では水深75-170mで漁獲されている。うち、110-145mに多い。伊豆半島では60mほどの場所にも見られるようだ。
食性 小魚やエビ、イカなどを捕食している。
その他 日本産アカイサキ属魚類は本種1種のみからなる。ただし、1.体長20-25cmで成熟し、尾鰭の後縁が截形のものと、2.体長30-35cmで成熟し、尾鰭が円形のもの、の2つのタイプがあるとされている。釣りや底曳網などで漁獲される。肉は白身で刺身、塩焼きなどで美味。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません