オオモンハタ

Epinephelus areolatus (Forsskål, 1775)

形態・特徴 尾鰭は截形で、体側には黄褐色ないし茶褐色の斑紋があり、網目模様を形成することがある。この斑紋の色や大きさは、大きさや個体により異なる場合があるが、普通は瞳孔よりも大きい。尾鰭の後縁は白く縁取られる。体長40cmに達する。
分布 相模湾~鹿児島県に至る太平洋岸、九州北・西岸、琉球列島、小笠原諸島。~南シナ海、インド-西太平洋。
生息環境 沿岸域に生息する普通種。防波堤、磯、サンゴ礁域などや、それらの周辺の砂底にすむ。
食性 小魚や甲殻類、頭足類などを捕食する。
地方名 マス・ハタマス(三重県紀北町)、マス(高知県中部、愛媛県宇和島市)、ニバイ・ニーバイ(鹿児島県徳之島、ハタ科の多く)、イシミーバイ(沖縄県)、アズキハタ(千葉県)、キジハタ(静岡県西伊豆の一部地域)、アズキマス(三重県南伊勢町)、アカミズ(山口県萩市)、ホウセキハタ(愛媛県愛南町)、イギス(和歌山県串本町、高知県西部、愛媛県南予、宮崎県、鹿児島県野間池)、モブシ(高知県東部、鹿児島県屋久島)、ムブシ(鹿児島県枕崎市)、ノミ(長崎県伊王島)、アラ(宮崎県)、モアラ(鹿児島県薩摩半島南部)、ゴマアラ(鹿児島県)、シルネバリ(鹿児島県奄美大島)、スミチャ(鹿児島県沖永良部島)、タクノバンニバラ(沖縄県伊良部島)
その他 本州南部~四国、九州の沿岸では普通に見られ、定置網、刺網、釣り、などにより漁獲される。肉は白身で、他のハタ科魚類と同様、刺身、煮物、鍋物などで美味。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
ももなつさんが日本 高知県 幡多郡大月町で撮ったオオモンハタ

日本 高知県 幡多郡大月町

2023.12.02

おぐらさんが日本 高知県 宿毛湾で撮ったオオモンハタ

日本 高知県 宿毛湾

2023.04.01

ももなつさんが日本 高知県 幡多郡大月町古満目で撮ったオオモンハタ

日本 高知県 幡多郡大月町古満目

2022.09.23

burgessさんが日本 宮崎県 日向市で撮ったオオモンハタ

日本 宮崎県 日向市

2022.07.30

私さんが日本 沖縄県 国頭村で撮ったオオモンハタ

日本 沖縄県 国頭村

2022.06.06

pirosikiさんが日本 三重県 紀北町紀伊長島港で撮ったオオモンハタ

日本 三重県 紀北町紀伊長島港

2021.11.05

ももなつさんが日本 高知県 土佐清水市で撮ったオオモンハタ

日本 高知県 土佐清水市

2021.08.11

しばてん三郎さんが日本 高知県 高知市種崎で撮ったオオモンハタ

日本 高知県 高知市種崎

2021.07.24

MARI-Jさんが日本 沖縄県 西表島 船浮沖で撮ったオオモンハタ

日本 沖縄県 西表島 船浮沖

2021.07.04

アキヒトさんが日本 鹿児島県 錦江湾で撮ったオオモンハタ

日本 鹿児島県 錦江湾

2021.06.21

みなとさんが日本 愛知県 三河湾で撮ったオオモンハタ

日本 愛知県 三河湾

2020.12.23