カタグロウミヘビ

Ophichthus cephalozona (Bleeker, 1864)


分布 西表島から台湾、オーストラリア北部にかけた西部太平洋と、東部インド洋からマーシャル諸島、ソシエテ諸島にかけての海域に分布する。
その他 宮本ほか(2018:Fauna Ryukyuana)により西表島から得られた1標本を基に日本初記録種として報告された。
標準和名の由来は、本種の特徴でもある項部(頭の後ろ)の黒色鞍状斑、および本種の英名Dark-shouldered snake eelに因む。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

鈴鹿さんがフィリピン サマール島で撮ったカタグロウミヘビ

フィリピン サマール島

2011.07.28

NOAHさんが日本 沖縄県 美ら海水族館(西表島で採集)で撮ったカタグロウミヘビ

日本 沖縄県 美ら海水族館(西表島で採集)

2018.11.15

鈴鹿さんがフィリピン サマール島で撮ったカタグロウミヘビ

フィリピン サマール島

2011.02.11

NOAHさんが日本 沖縄県 美ら海水族館(西表島で採集)で撮ったカタグロウミヘビ

日本 沖縄県 美ら海水族館(西表島で採集)

2018.11.15