読み込み中 . . .
中止

ホソウケグチヒイラギ

Deveximentum indicus Monkolprasit, 1973

形態・特徴 ウケグチヒイラギ属魚類は口は上向きで、前方か、前上方に突き出る。本種は他の同属魚類と比べ体高が低く、頬の鱗がなく、眼前棘が二叉せず、側線鱗数が86-111枚と多いことでウケグチヒイラギ属の他種と区別できる。体長7cmほど。
分布 高知県~鹿児島県内之浦。台湾、西部太平洋。
その他 日本からは鹿児島県産の標本に基き木村ほか(2009)により報告された。これは本種のみならず、ウケグチヒイラギ属の最北の記録である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

Mano_Yu さんが 学名を Deveximentum indicus Monkolprasit, 1973 に変更しました 学名の変更
2021.03.29 22:03