読み込み中 . . .
中止

ユメハタンポ

Pempheris oualensis Cuvier, 1831

特徴 ミナミハタンポなどによく似ているが、側線有孔鱗数が62~66である点や胸鰭基部に明瞭な黒色斑があることなどで区別できる。腹鰭前に明瞭な隆起縁をもつ。
分布 沖縄島。~インド・太平洋、紅海。珊瑚礁域や岩礁域に生息する。
生息環境 ミナミハタンポやキビレハタンポなどと同じような場所に生息する。
食性 プランクトン食と思われる。
その他 2010年に日本から初めて報告された。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

長嶋祐成さんが日本 沖縄県 与那国島 久部良で撮ったユメハタンポ

日本 沖縄県 与那国島 久部良

2016.11.08

NOAHさんが日本 沖縄県 本島近海で撮ったユメハタンポ

日本 沖縄県 本島近海

2014.12.12

鈴鹿さんがフィリピン サマール島で撮ったユメハタンポ

フィリピン サマール島

2010.06.08

鈴鹿さんがフィリピン サマール島で撮ったユメハタンポ

フィリピン サマール島

2012.08.06

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する