読み込み中 . . .
中止

ヒブダイ

Scarus ghobban Forsskål, 1775

形態・特徴 雌型と雌型では色彩が大きく異なる。アオブダイ属としては珍しく雌型でも同定が容易。雌型は黄色っぽい体色で、体側には薄い青色の鞍状斑があり、眼の周りや口唇付近に青色の線がある。尾鰭上・下縁、背鰭上縁、臀鰭下縁、胸鰭上端は青い。雄型は黄色が薄く、各鱗は青緑色に縁取られる。ただし本種は紅海・東アフリカから中・南米の西岸まで非常に幅広く分布し、色彩の変異も多い。成魚の雄では体長80cm近くになる大型種。
分布 関東地方以南の太平洋岸、長崎、琉球列島、男女群島、小笠原諸島。~インド・中央太平洋、東太平洋の暖海域。ただしハワイやイースター島には分布しない。
生息環境 珊瑚礁、岩礁域に生息し、南日本の太平洋側にもよくみられる普通種。幼魚は内湾や河川の河口域にも入る。成魚は潮通しの良い岩礁域などに見られる。餌の藻類が多いところでは大きな群れを作る。
食性 普通藻類を捕食するが、甲殻類など小動物も捕食している。
その他 突き漁、追い込み網、釣りなどでよく漁獲される。沖縄ではブダイ類でもとくにありがたがる魚種といわれる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

日本 東京都 小笠原諸島 父島

2020.06.17

日本 東京都 小笠原諸島 父島

2020.06.17

日本 東京都 小笠原諸島 父島

2020.06.17

日本 東京都 小笠原諸島 父島

2020.06.17

日本 東京都 小笠原諸島 父島

2020.05.06

日本 鹿児島県 奄美大島

2019.12.16

日本 高知県 土佐清水市

2019.08.25

日本 高知県 宿毛市の姫島

2019.05.20

日本 愛媛県 御五神島 マルバエ 水道

2018.12.09

日本 鹿児島県 大島郡宇検村

2018.01.09

日本 沖縄県 石垣島

2017.10.15

日本 和歌山県 大島

2017.10.15

オーストラリア シドニー湾

2017.09.23

日本 沖縄県 石垣市 伊野田漁港

2017.07.02

日本 鹿児島県 与論島

2017.05.27

日本 沖縄県 国頭郡

2017.03.30

日本 沖縄県 宜野湾新漁港

2016.11.26

日本 高知県 奈半利町加領郷

2016.11.24

日本 鹿児島県 佐田地磯

2016.11.05

日本 沖縄県 石垣島

2016.09.05

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する