読み込み中 . . .
中止

ホウセキキントキ

Priacanthus hamrur (Forsskål, 1775)

形態・特徴 背鰭や臀鰭に黄色斑はない。尾鰭はよく湾入し、その上下両葉はすこし伸びる。側線有孔鱗数は75-80と多い。色彩は赤から淡色、暗色まで変異にとみ、水中ではダイバーの前でもよく色彩を変化させるという。体長30cmになる。
分布 伊豆諸島、相模湾以南の太平洋岸、琉球列島。~台湾、釜山、インド‐太平洋域、紅海。ただしハワイ諸島には分布しない。
生息環境 沿岸の岩礁域やサンゴ礁域に生息する普通種。
食性 小魚や甲殻類などを捕食する。
その他 沖縄では多く見られる種で、夜の磯釣りやサンゴ礁周辺ではよく釣れるもの。定置網や刺網などでも漁獲され他のキントキダイ属魚類同様に食用となる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません