ミシマオコゼ

Uranoscopus japonicus Houttuyn, 1782

形態・特徴 背鰭は2基ある。鰓蓋後方にある擬鎖骨には大きな棘がある。体色は茶褐色で、体側の上方には小白色斑が多数散在する。前鰓蓋骨には3本の棘があり、この棘の数などでキビレミシマや、トウカイミシマなどと区別するポイントとなる。このほか両眼間隔にくぼみがあるが、それは眼後縁に達しないという特徴(キビレミシマでは、達する)でも区別することができる。体長30cm近くになる。
分布 琉球列島をのぞく日本各地、東シナ海。~朝鮮半島、台湾、中国東シナ海沿岸。
生息環境 水深260m以浅の砂泥底に生息する。四国では、水深50-150mに多い。東シナ海では70-100mに多く、125mを超えると殆ど見られなくなる。
食性 肉食性で魚類、エビ類、シャコ類を中心にイカ類、カニ類、アミ類を好んで捕食する。特に魚類が多く、アカハゼやテンジクダイなどの底生魚類を主に捕食している。
その他 産卵期は東シナ海で3-10月で、盛期は5月と9月。卵は分離浮性卵で、卵膜には亀甲模様を持つ。
漁法は釣りの外道として、あるいは中型・小型底曳網などで漁獲されている。
従来、ミシマオコゼの仲間は産額も低く、練製品の原料くらいの用途しかなかったが、最近は食用魚としても人気があるようで、切り身などにしてスーパーでもニュージーランドなどからの輸入品と並行してみられるようになった。焼き物、刺身、唐揚げなど美味。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

ぷいぷいユッケさんが日本 神奈川県 相模湾大磯沖で撮ったミシマオコゼ

日本 神奈川県 相模湾大磯沖

2002.02.04

masahirokamezakiさんが日本 新潟県 佐渡市赤泊で撮ったミシマオコゼ

日本 新潟県 佐渡市赤泊

2014.04.03

みつ隊長さんが日本 神奈川県 江ノ島沖で撮ったミシマオコゼ

日本 神奈川県 江ノ島沖

2006.02.18

PENさんが日本 静岡県 田子の浦港沖で撮ったミシマオコゼ

日本 静岡県 田子の浦港沖

2017.11.22

閻魔さんが日本 静岡県 静岡市三保沖で撮ったミシマオコゼ

日本 静岡県 静岡市三保沖

2007.03.07

閻魔さんが日本 静岡県 清水袖師沖で撮ったミシマオコゼ

日本 静岡県 清水袖師沖

2006.08.26

みつ隊長さんが日本 神奈川県 江ノ島沖で撮ったミシマオコゼ

日本 神奈川県 江ノ島沖

2006.02.18

閻魔さんが日本 静岡県 静岡市三保沖で撮ったミシマオコゼ

日本 静岡県 静岡市三保沖

2007.03.07

海猿さんが日本 宮崎県 門川沖で撮ったミシマオコゼ

日本 宮崎県 門川沖

2007.05.15

閻魔さんが日本 静岡県 静岡市三保沖で撮ったミシマオコゼ

日本 静岡県 静岡市三保沖

2007.03.07

海猿さんが日本 宮崎県 門川沖で撮ったミシマオコゼ

日本 宮崎県 門川沖

2007.05.15

閻魔さんが日本 静岡県 静岡市三保沖で撮ったミシマオコゼ

日本 静岡県 静岡市三保沖

2007.03.07

閻魔さんが日本 静岡県 静岡市三保沖で撮ったミシマオコゼ

日本 静岡県 静岡市三保沖

2007.03.07

閻魔さんが日本 静岡県 静岡市三保沖で撮ったミシマオコゼ

日本 静岡県 静岡市三保沖

2007.03.07

古葉一成さんが日本 神奈川県 相模湾で撮ったミシマオコゼ

日本 神奈川県 相模湾

2014.11.17

海猿さんが日本 宮崎県 門川沖で撮ったミシマオコゼ

日本 宮崎県 門川沖

2007.05.15

海猿さんが日本 宮崎県 門川沖で撮ったミシマオコゼ

日本 宮崎県 門川沖

2007.05.15

海猿さんが日本 宮崎県 門川沖で撮ったミシマオコゼ

日本 宮崎県 門川沖

2007.05.15

西野勇馬さんが日本 神奈川県 小網代沖で撮ったミシマオコゼ

日本 神奈川県 小網代沖

2021.05.21

西野勇馬さんが日本 神奈川県 小網代沖で撮ったミシマオコゼ

日本 神奈川県 小網代沖

2021.05.21