読み込み中 . . .
中止

メジナ

Girella punctata Gray, 1835

形態・特徴 メジナの仲間はイスズミの仲間と比べると背鰭棘数が多い、両顎の外側の列の歯は3尖頭であるなどで区別できる(が、この2つのグループを同科とする考えもある)。体色は暗色~暗緑色であるが、体色や体型などには若干の変異がある。本種は日本産の同属魚類とは、上唇が薄く、成魚・幼魚ともに体側に帯をもたず、背鰭棘条部中央下横列鱗数は6-9(7が多い)、各鱗基部か中部に暗色点がある、側線有孔鱗数50-56である、などの特徴によって区別される。よく、鰓蓋後縁が黒いのはクロメジナとされるが、メジナにも鰓蓋後縁が黒いものがいるので、注意したい。体長45cm近くになる。
分布 新潟・房総半島以南の各地沿岸~鹿児島、琉球列島や小笠原諸島にもまれにみられ、幼魚は北海道や東北地方にも出現する。~朝鮮半島南岸、済州島、台湾、中国、香港。
生息環境 主に本州から九州沿岸の沿岸に生息する。日本海や瀬戸内海にも分布し、琉球列島からの記録もあるという。磯に多く生息し、幼魚や若魚は、防波堤の周りにもよく集まる。毎年晩春から初夏にかけては、分布域の各地の潮だまりや流れ藻などの浮遊物の下で、本種の幼魚の姿を見ることができる。また、河川河口の汽水域に出現することもある。
食性 雑食性で、藻類や甲殻類などを捕食する。
その他 産卵期は2-6月ごろで、晩春から初夏に沿岸の潮だまりで幼魚が普通に見られるようになる。
磯釣りの対象魚として知られ、関西でグレなどと呼び、人気が高い。クロメジナと分ける時は「口太グレ」などとよび、クロメジナと区別している。
食用としては、冬が旬で美味。塩焼きや煮付けなど様々な料理に向いており、大きい個体は刺身にしても美味。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません