アラレキンチャクフグ

Canthigaster papua (Bleeker, 1848)

形態・特徴 体色は全体的に赤褐色で青い小斑点が散在する。尾鰭は橙色。背鰭基部付近に淡色で縁取られた暗色斑がある。スポッテッドシャープノーズパファーに似るが、斑点はいずれも小さく同大で、頭部や背部、吻部下方に淡色帯がある。しかし、区別されていないことが多い。体長10cm。
分布 琉球列島、小笠原諸島。インド・西部太平洋熱帯域。
生息環境 サンゴ礁域に見られる。
その他 日本からは永らく写真のみが報告されていたが、2005年になってようやく正式に報告された。
毒性は不明。美しい色彩で観賞魚として知られるが、一部のサンゴをかじることがある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

香川 浩さんがフィリピン セブ スミロン島 サンクチュアリで撮ったアラレキンチャクフグ

フィリピン セブ スミロン島 サンクチュアリ

2012.09.20

Keisuke Imamuraさんがフィリピン 中部ヴィサヤ地方 セブ・マクタン島で撮ったアラレキンチャクフグ

フィリピン 中部ヴィサヤ地方 セブ・マクタン島

2016.02.21

hanadaiさんがフィリピン ボホール島で撮ったアラレキンチャクフグ

フィリピン ボホール島

2010.06.01

2_Sさんがインドネシア 南スラウェシで撮ったアラレキンチャクフグ

インドネシア 南スラウェシ

2013.07.05

NOAHさんがフィリピン 中部ヴィサヤ地方 ボホール島で撮ったアラレキンチャクフグ

フィリピン 中部ヴィサヤ地方 ボホール島

2021.12.29

NOAHさんがフィリピン 中部ヴィサヤ地方 ボホール島で撮ったアラレキンチャクフグ

フィリピン 中部ヴィサヤ地方 ボホール島

2021.12.29

NOAHさんがフィリピン 中部ヴィサヤ地方 ボホール島で撮ったアラレキンチャクフグ

フィリピン 中部ヴィサヤ地方 ボホール島

2021.12.29