読み込み中 . . .
中止

オカメブダイ

Chlorurus bleekeri (de Beaufort, 1940)

形態・特徴 ハゲブダイやオオモンハゲブダイに似ているが、雄型は頬部に大きな黄色域をもつ。雌型は一様に茶褐色で、他の同属魚類との区別が難しい。体長40cmほど。
分布 八重山諸島。フィリピン、南シナ海、ミクロネシア、インドネシア、ソロモン諸島、フィジー、ニューカレドニア、オーストラリア。サンゴ礁域に生息する。
その他 日本からは2008年に報告された。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

オカメブダイ

フィリピン サマール島

2010.01.20

オカメブダイ

フィリピン ミンダナオ島イリガン市のフィッシュマーケット

2014.04.17

オカメブダイ

フィリピン サマール島

2010.01.20

オカメブダイ

タイ プーケット島

2010.03.01

オカメブダイ

フィリピン サマール島

2011.01.16

オカメブダイ

フィリピン サマール島

2011.01.16

オカメブダイ

フィリピン 中部ヴィサヤ地方 セブ・マクタン島

2016.02.23

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する