読み込み中 . . .
中止

ニホンイトヨリ

Nemipterus japonicus (Bloch, 1791)

外国産 外国産

形態・特徴 背鰭は10棘8~9軟条、臀鰭は3棘7軟条。尾鰭上葉は糸状にのび、その部分は黄色。側線下に大きな赤色円斑がある。体側には10本ほどの黄色縦帯がある。また背鰭・臀鰭の鰭膜には黄色縦線がある。体高がややあり、頭長は体長よりも短い。体長25cmを超える。
分布 インド・西部太平洋の熱帯域。沿岸域の砂底・砂泥底に生息する。
生息環境 水深80m以浅にすむ、幼魚、若魚は沿岸のごく浅い場所でも見られる。
食性 肉食性。小魚や甲殻類などを捕食する。
その他 底曳網で漁獲され、食用になるが、南シナ海では他のイトヨリダイよりも少ない。その名前にも関わらず日本からの記録は少なく、正確な報告は1例に限定されており、その標本も人為的に持ち込まれた可能性が強いとされている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン カビテ

2011.04.17

フィリピン ルソン島のバコールマーケット

2014.04.03

中国 香港 サニーベイ

2009.11.21

香港 サイワンホー

2011.03.05

香港 サイワンホー

2011.03.05

香港 サイワンホー

2011.03.05

香港 サイワンホー

2011.03.05

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する