読み込み中 . . .
中止

フタホシフエダイ

Lutjanus biguttatus (Valenciennes, 1830)


形態・特徴 フエダイの仲間で体高が低く、吻は短い。背部に2つ、尾柄部上方に1つの白色斑がある。成長に伴い色彩が大きく変化し、吻端から尾鰭基底部にかけての縦帯や体側の下部は成魚では濃い橙色となる。体長20cmほどで、この仲間では小型種である。
分布 石垣島。ソロモン諸島からスマトラ島、オーストラリアのヨーク岬からフィリピン、モルディヴまでのインド・太平洋域。サンゴ礁に生息する。
生息環境 浅いサンゴ礁域に生息し、群れをつくることがある。
食性 肉食性。小魚や甲殻類を捕食する。
その他 元々ホソフエダイという和名などが知られていたが、日本産の標本に基づき2021年にフタホシフエダイという標準和名が提唱された。小型種であるが釣りや刺し網などで漁獲され食用になっている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

Mano_Yu さんが 説明文の 形態・特徴 を編集しました フエダイの仲間で体高が低く、吻は短い。背部に2つ、尾柄部上方に1つの白色斑がある。成長に伴い色彩が大きく変化し、吻端から尾鰭基底部にかけての縦帯や体側の下部は成魚では濃い橙色となる。体長20cmほどで、この仲間では小型種である。
2021.06.09 12:35
Mano_Yu さんが 説明文の 分布 を編集しました 石垣島。ソロモン諸島からスマトラ島、オーストラリアのヨーク岬からフィリピン、モルディヴまでのインド・太平洋域。サンゴ礁に生息する。
2021.06.09 12:35
ユキヤ さんが 説明文の その他 を編集しました 元々ホソフエダイという和名などが知られていたが、日本産の標本に基づき2021年にフタホシフエダイという標準和名が提唱された。小型種であるが釣りや刺し網などで漁獲され食用になっている。
2021.03.22 17:16
ユキヤ さんが データフィールドを編集しました 日本産の標本に対し、標準和名が提唱された
2021.03.22 17:08
ユキヤ さんが 分類名を フタホシフエダイ に変更しました 魚類学雑誌にて、日本産の標本に対し新標準和名が提唱されたため。
2021.03.22 17:07