読み込み中 . . .
中止

ヒトスジエソ

Synodus variegatus (Lacepède, 1803)

形態・特徴 エソ科魚類は表徴形質に乏しく同定が難しい分類群のひとつであるが、本種は体側中央部に1本の褐色縦帯があること、吻は丸いことなどで比較的容易に同定できる。
分布 小笠原、琉球列島。マーシャル群島。珊瑚礁域の珊瑚と砂地の境目に多くすむ。
生息環境 岩礁・サンゴ礁域およびその周辺の砂地に生息する。礁池内には進入しないという。
食性 多毛類や甲殻類、小型魚類などを食べる動物食性。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません