タマガンゾウビラメ

Pseudorhombus pentophthalmus Günther, 1862

特徴 有眼側の後頭部に背鰭基底に向かう側線分岐をもつ。口は大きく上顎の後端は眼中央部を超える。有眼側の体側には側線をはさむようにして5個の眼状斑がある。体長15cmほどの小型種。
分布 北海道南部以南。~南シナ海。
生息環境 やや深い砂底に生息する。
食性 肉食性。
その他 底曳網や釣りで漁獲される。食用魚で塩焼き、干物などに利用される。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません