キュベラスナッパー

Lutjanus cyanopterus (Cuvier, 1828)

外国産 外国産

形態・特徴 口唇は厚い。体色は灰褐色から赤色、各鰭は黄色くない。体側には横帯を出すこともある。体はやや長い。西部大西洋にすむフエダイとしては大型で、体長1mを超える。
分布 ノバスコシア、バミューダ、ブラジル、アマゾン川河口、稀にメキシコ湾。推進18~55mの岩礁域や汽水域にすむ。
生息環境 沿岸域に生息するがほかのフエダイよりもやや少ない。幼魚はマングローブ域にも入っていることがある。
食性 小魚や甲殻類などを捕食する。
その他 警戒心が強くダイバーをあまり近寄らせない。大型種で、食用や釣り魚として親しまれるが、大型個体はシガテラ毒をもつことがあるようだ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

RECさんがブラジル ペルナンブーコ州 カルネイロス河口で撮ったキュベラスナッパー

ブラジル ペルナンブーコ州 カルネイロス河口

2007.04.07