ハチビキ

Erythrocles schlegelii (Richardson, 1846)

特徴 体長45cmほど。体色は鮮やかな赤色で、尾柄部には大きな隆起線があるが、幼魚では不明瞭。体はやや側偏する。背鰭棘は鰭膜でつながる。
分布 南日本、九州-パラオ海嶺、沖縄舟状海盆。朝鮮半島南部、南アフリカ。
生息環境 沖合から外洋の中層を遊泳する。水深100m以深に多い。
食性 肉食性。
その他 普通釣りの外道として採集される。食用魚で美味。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません