読み込み中 . . .
中止

カドガワフエダイ

Lutjanus johnii (Bloch, 1792)

形態・特徴 体側に大きな黒色斑があり、体側の鱗に暗色斑がある。鰭はやや黄色っぽい。体長60cmに達する。
分布 宮崎県 台湾、インド・西太平洋域。
生息環境 岩礁域や内湾をこのみ河川の汽水域にも入る。
食性 小魚や甲殻類を捕食する。
その他 古い図鑑では本種にミナミフエダイという和名をあてているものもあるが、これは誤りであるとされる。石垣島から採集された個体をもとに、Lutjanus johniiとしてミナミフエダイの和名が提唱されたが、のちにこの個体はLutjanus ehrenbergiiの誤同定とされた。香港などで釣り魚、食用として利用されている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

カドガワフエダイ

オーストラリア ケアンズ湾

2010.04.30

カドガワフエダイ

タイ タイランド湾、チョンブリ県、シラチャ沖

2015.08.14

カドガワフエダイ

フィリピン ルソン島のバコールマーケット

2014.04.01

カドガワフエダイ

タイ タイランド湾、パチュアップキリカン沖

2015.09.30

カドガワフエダイ

フィリピン レイテ島

2012.03.22

カドガワフエダイ

オーストラリア ゴールドコースト

2014.11.06

カドガワフエダイ

オーストラリア ケアンズ

2021.03.28

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する