イトヒキコハクハナダイ

Pseudanthias rubrolineatus (Fourmanoir and Rivaton, 1979)

形態・特徴 スジハナダイに良く似ているが、体側の赤い縦帯がスジハナダイよりもやや上方にある。また尾鰭の軟条数本が糸状に伸びる。体長12cmほど。
分布 静岡県富戸・大瀬崎、高知県、鹿児島県竹島、横当島。小笠原諸島。ニューカレドニア。
その他 本種は2010年に日本から報告されたが、以前からダイバーの間では知られており、「スジチガイ」などの通称で呼ばれていた。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。