読み込み中 . . .
中止

イヌカサゴ

Scorpaenopsis ramaraoi (Randall and Eschmeyer, 2002)

形態・特徴 胸鰭内側に顕著な模様などはない。上顎の前部に涙骨隆起が突き出していること、最長背鰭棘は第4棘で、臀鰭第2棘は第3棘よりもやや長いことなどが特徴。
分布 宮崎県以南、琉球列島。~西太平洋、東インド洋。
生息環境 沿岸域の岩礁・サンゴ礁域およびその周辺の砂地に生息する。
食性 小型魚類や甲殻類などを食べる動物食性。
その他 美味な魚として知られるが、刺毒魚であり、棘に刺されないよう取り扱う際には注意が必要だ。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません