読み込み中 . . .
中止

イトヒキキントキ

Priacanthus tayenus (Richardson, 1846)

外国産 外国産

形態・特徴 尾鰭はよく湾入し、背鰭第3-5軟条は長く伸びる。腹鰭には小黒色斑が多数あることで他のキントキダイ属魚類と区別可能。側線鱗数は57-63。体長20cm。
分布 台湾、東南アジア、インド、ペルシャ湾、北部オーストラリアなどのインド・西太平洋域。水深20~200mくらいにすむ。
生息環境 沿岸の砂底などに生息する。
その他 本種は日本には分布していないが東南アジアではかなりよく見られる魚である。釣りや底曳網などでよく漁獲され、食用魚となっている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

イトヒキキントキ

タイ バーンサレー沖

2008.03.08

イトヒキキントキ

フィリピン マニラのフィッシュマーケット

2014.05.19

イトヒキキントキ

タイ タイランド湾の、チョンブリ県、パタヤ沖のラン島

2015.07.30

イトヒキキントキ

フィリピン 中部ヴィサヤ地方 ボホール島のセントラルマーケット

2017.11.05

イトヒキキントキ

フィリピン ルソン島

2004.11.23

イトヒキキントキ

中国 広東省外洋

2019.10.03

イトヒキキントキ

フィリピン ルソン島

2005.04.07

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する