ネズミフグ

Diodon hystrix Linnaeus, 1758

履歴

土岐耕司 さんが 説明文の 形態・特徴 を編集しました 本種は背鰭・尾鰭に暗色斑があり、尾柄部背部・下部ともに棘があることで日本産のほかのハリセンボン属魚類と区別できる。大型種で、全長90cmを超える。
2024.03.03 19:19
土岐耕司 さんが 説明文の 分布 を編集しました 津軽海峡、新潟県以南の日本海沿岸、和歌山県田辺湾以南の太平洋岸、琉球列島、小笠原諸島。~世界の熱帯域。
2024.03.03 19:19
土岐耕司 さんが 説明文の 生息環境 を編集しました 水深50m以浅のサンゴ礁域や岩礁域に生息する。普通単独でいる。本種は熱帯・亜熱帯のかなり広域に分布し、大西洋でも見られる。
2024.03.03 19:19
土岐耕司 さんが 説明文の 食性 を編集しました 肉食で甲殻類やウニなど底生生物を捕食する。
2024.03.03 19:19
土岐耕司 さんが 説明文の 地方名 を編集しました アバサー・アバシ(沖縄県久米島町)、アバサ(沖縄県宮古島久貝)、イノーアバサー(沖縄県糸満市・国頭村)、マーアバサ(沖縄県宮古島市狩俣)
2024.03.03 19:19
土岐耕司 さんが 説明文の その他 を編集しました 沖縄などでは食用魚として扱われる。
2024.03.03 19:19