読み込み中 . . .
中止

クマサカフグ

Lagocephalus lagocephalus

形態・特徴 胸鰭の上半分が暗色で、下半分ほどが淡色であることで日本産サバフグ属の他種と区別可能。他の鰭は黒っぽい。腹部は小棘におおわれているが、背面に棘はない。体側背部に暗色の鞍状斑紋があることが多い。全長40cmに達する。
分布 伊豆七島、相模湾以南、佐渡以南。インド・西太平洋域、ハワイ。沖合の表層を遊泳する。
生息環境 遊泳性の強いフグで通常は沖合に生息する。普通、暖海に見られるが、北海道でも採集されている。
食性 肉食性と考えられる。
その他 稀な方の種とされているが、沖合での釣りや大型定置網で時々漁獲される。毒性はあまりよくわかっておらず、食用にするのは避けるべきである。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

クマサカフグ

日本 福岡県 波津漁港

2017.01.06

クマサカフグ

日本 愛媛県 愛南町

2011.08.18

クマサカフグ

フィリピン ルソン島のバコール市場

2014.03.31

クマサカフグ

日本 千葉県 洲崎沖

2005.10.01

クマサカフグ

日本 沖縄県 久米島沖

2009.08.27

クマサカフグ

日本 沖縄県 久米島沖

2009.08.27

クマサカフグ

日本 静岡県 東海大学海洋科学博物館

2020.10.24

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する