読み込み中 . . .
中止

オキナワフグ

Chelonodon patoca (Hamilton, 1822)

形態・特徴 体色は背面は茶褐色もしくは灰褐色で、大きな白色斑を有し、トラフグ属のものに似るが、臀鰭は8軟条で、トラフグ属の多数よりも少ない。鼻孔は開孔せず、大きな2対の皮弁となる。
分布 琉球列島、小笠原諸島。紀伊半島からも記録されている。~台湾、インド-西太平洋。
生息環境 沿岸浅所、河川汽水域やマングローブ域によく見られるが、底曳網で漁獲されたこともある。琉球列島には多い。
食性 雑食性と考えられる。主に甲殻類や多毛類、軟体動物などを捕食する。
その他 有毒種で、筋肉にも毒がある。食用にはならない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません