カラス

Takifugu chinensis (Abe, 1949)

形態・特徴 トラフグに似るが、本種では臀鰭が暗色なのに対し、トラフグは白色、もしくは赤みをおびる。
分布 日本海沿岸、九州沿岸。~朝鮮半島、済州島、中国。
生息環境 沖合に多く、日本からは日本海西部、九州沖から知られる。
食性 肉食性。
その他 卵巣・肝臓は強毒、筋肉、皮膚、精巣は無毒だが、調理はプロにまかせること。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません