読み込み中 . . .
中止

クロハコフグ

Ostracion meleagris Shaw, 1796

形態・特徴 雌雄で色彩が異なる。雄は鮮やかな青色で、体側には黄色斑が、背面には白色斑がある。体側の背方に黄色の縦縞がある。雌の体色は黒色で、体側には白色斑が多数ある。背鰭軟条数は7~8本で、臀鰭軟条は8本。
分布 和歌山県田辺湾以南。~インド・西太平洋域。ハワイ諸島と東部太平洋に別亜種が分布。
生息環境 水深30m以浅のサンゴ礁や岩礁に生息する。
食性 カイメン類や藻類、底生動物を食べる雑食性。
その他 鮮やかな色彩で観賞魚として人気があるが、危険が迫ると皮膚から粘液毒を放出するので注意。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 渡嘉敷島

2017.10.02

日本 沖縄県 座間味島

2011.06.21

日本 沖縄県 ホーシュー

2018.05.25

日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉志久湾

2005.03.10

日本 沖縄県 真栄田岬

2018.05.25

日本 鹿児島県 奄美大島

2009.08.22

タイ シミラン諸島

2003.12.13

フィリピン サマール島

2009.12.24

フィリピン サマール島

2009.12.24

日本 沖縄県 八重干瀬

2016.02.15

日本 沖縄県 阿嘉島ニシバマビーチ

2006.09.23

日本 沖縄県 八重干瀬

2016.02.15

サモア ウポル島

2009.10.25

トンガ トンガタブ島

2009.12.05

日本 沖縄県 八重干瀬

2016.02.13

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する