読み込み中 . . .
中止

テングハコフグ

Ostracion rhinorhynchus (Bleeker, 1852)

形態・特徴 本種はハコフグ属では珍しく、背隆起がある。吻の上方は著しく前方に突出する。
分布 伊豆半島以南。インド・西部太平洋域。水深50m以浅の沿岸域に棲む。
生息環境 水深50m以浅の沿岸砂底域、岩礁域に生息する。
その他 底曳網、定置網で漁獲される。皮膚から粘液毒をだす。本種とヒョウモンハコフグはRhynchostracion属という別属にされることがある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

テングハコフグ

タイ チョンブリ県シーチャン島

2015.08.20

テングハコフグ

日本 愛媛県 愛南町

2003.10.04

テングハコフグ

タイ チョンブリ県 サタヒップ沖

2017.06.06

テングハコフグ

フィリピン サマール島

2010.02.27

テングハコフグ

日本 沖縄県 国頭郡本部町 沖縄美ら海水族館

2015.05.08

テングハコフグ

日本 愛媛県 愛南町

2003.10.04

テングハコフグ

日本 愛媛県 愛南町

2003.10.04

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する